HOME > 観る・遊ぶ > 円通院

円通院えんつういん(国重要文化財)

円通院は瑞巌寺の西隣にあり、仙台藩主二代忠宗の次男光宗の霊廟。 光宗は文武両道に優れていましたが、正保2年(1645)9月に19歳の若さで江戸で亡くなり、 その死を悼んだ忠宗公により円通院が同年に開創され、お霊屋(三慧殿)は正保4年(1647)に完成しました。

支倉常長がヨーロッパから伝えた西洋文化の影響が強く、 厨子の右扉の内部には日本最古といわれる西洋バラが描かれています。金箔の地に白・赤・緑の三色を用い、 材料には緑青やサンゴを使用しているので、永久に変色することはありません。

バラ寺の愛称で親しまれていたのは、天野明道住職が院内6000平方メートルあまりに色とりどりのバラを植え込んで開放したためです。 現在ではバラの数は少なくなり、境内いたるところにコケを配して、コケ寺として訪れる人々に安らぎを与えています。


■料金
大人300円
高校生150円
小・中生100円 

障がい者料金についてはこちらをご覧ください→障がい者料金一覧
 
■数珠作り
オリジナルの数珠作りが体験できます。
1000円から(材質により値段が異なります)
9:00-15:00まで(通年)
 

電話番号 022-354-3206
住所 宮城県松島町松島字町内67
アクセス JR仙石線松島海岸駅から徒歩7分、瑞巌寺の隣にあります。
営業時間 ■拝観時間
8:30-17:00(4月~11月)
9:00~16:00(12月~3月)
ホームページ http://www.entuuin.or.jp

地 図

ルート検索

交通手段
出発地点

住所・地名等
▼ルート一覧
スポット一覧に戻る

日本三景

松島ギャラリー

松島観光協会モバイルサイト


松島の魅力をみんなとシェアしよう!
ページの先頭へ HOME日本三景松島の魅力イベント観る・遊ぶ体験する食べる泊まる買うアクセス | 観光相談Q&A | サイトマップ | 新着情報
Copyright©松島観光協会 All Rights Reserved. 本文及び写真の無断転載を禁じます。