HOME > 日本三景 松島の魅力 > 四季の彩り > 臥龍梅(がりゅうばい)

日本三景 松島の魅力

四季の彩り

臥龍梅(がりゅうばい)

瑞巌寺境内にある淡紅色の梅は、伊達政宗ゆかりの梅。八重咲きで「臥龍八房」の異称があります。中門より入って左が「白梅」、右が「紅梅」で、伊達政宗が文禄の朝鮮征討の役の際、朝鮮より持ち帰り,慶弔14年(1609)の瑞巌寺上棟の祝いに植えさせたと伝えられています。この紅白の梅は、その姿が「臥せた龍」に似ているところから「臥龍梅」と名づけられています。毎年、3月下旬ごろから開花します。 普通の梅より遅く咲きます。

開花状況についてはこちらをクリックして下さい。→瑞巌寺ホームページ

← 四季の彩りtopに戻る



松島の魅力をみんなとシェアしよう!
ページの先頭へ HOME日本三景松島の魅力イベント観る・遊ぶ体験する食べる泊まる買うアクセス | 観光相談Q&A | サイトマップ | 新着情報
Copyright©松島観光協会 All Rights Reserved. 本文及び写真の無断転載を禁じます。