HOME > 日本三景 松島の魅力 > 松島便り

日本三景 松島の魅力

松島便り

2007.05.24

「日本三景の日」ついて

宮城県松島町と「天橋立」の京都府宮津市、「宮島」の広島県廿日市市でつくる日本三景観光連絡協議会は、約100件の応募から7月5日に開催した総会で、7月21日を「日本三景の日」とすることを決めました。多数のご応募ありがとうございました。
 
どうして7月21日なのでしょうか??  

日本三景とは、江戸前期の幕府の儒官。林羅山の三男、林春斎(林鵞峰)が「日本国事跡考」(1643年)の中で、松島・天橋立・厳島(宮島)を「三処奇観」であると記したのが始まりで、その後、日本三景と呼ばれるようになりました。そして、この林春斎の誕生日が7月21日なのです。

日本三景

松島ギャラリー

松島観光協会モバイルサイト


松島の魅力をみんなとシェアしよう!
ページの先頭へ HOME日本三景松島の魅力イベント観る・遊ぶ体験する食べる泊まる買うアクセス | 観光相談Q&A | サイトマップ | 新着情報
Copyright©松島観光協会 All Rights Reserved. 本文及び写真の無断転載を禁じます。